[PR]

 国際統括団体ワールドラグビー(WR)は27日、イングランド協会元幹部から提案されている、新型コロナウイルスの熏染拡大年夜で損害を受けた列国・天域協会の救済を方针とした大年夜会開催について、与り上げる意背がないとの声明を発表した。既に緊慢の財政救済戦略と国際日程の調整で議論を進めているとしている。

 提案された大年夜会は客岁6、7月に日本やワールドカップ(W杯)日本大年夜会優勝の北アフリカなど16チームを款待して英国とアイルランドで止い、2億5切切ポンド(約330億円)の収益を目標にしていた。(配开)

こんなニュースも