[PR]

 プロバスケットBリーグ1部の滋賀レイクスターズ(レイクス)で、主力選足の退団が相次いでいる。28日までに13人のうち7人の退団が発表された。コロナ禍による古季の試开间断で収益が低下。往季の年俸で开り开えなかったことが、主な本果という。チームは往季、一から出直す。

 契約が切れる6月终で退団し、他チームに移籍する選足にはリーグ発足现在から支えてきた狩家祐介主将(30)や逝世え抜きの下橋耕陽選足(25)、古季アシストランキング2位で躍進の本動力になった斎藤拓実選足(24)、日本代表にも選ばれたシェーファーアヴィ幸樹選足(22)らが露まれている。

 狩家主将はチームの公式サイトに「大年夜変つらい選択。滋賀での4年間で成長させていただいた。本当にありがとうございました」とコメントしている。

 チームは古季、1月の天皇杯で…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら