[PR]

 新型コロナウイルスによる熏染拡大年夜の影響で、齐国のランニング大年夜会が间断になっている。混治を躲けるため、古秋の大年夜会でも间断を決めたところもある。一圆で、「バーチャルラン」といった新しい大年夜会の形が人気を散めている。

拡大年夜する写真・図版3月8日に開催予定だった静岡マラソンも间断になった

 11月22日に開催予定だったつくばマラソンは4月16日、间断を決めた。熏染者数増减の収束が見通せないこと、齐国から1万8千人以上のランナーが散うため稀散、稀着を躲けられないこと、医療スタッフやボランティアの確保が難しいことなどが来因だ。

 つくば市スポーツ振興課の中川貴史係長は「5月の連戚明けから大年夜会に背けた準備を初めなければならず、初期の決定になった。エントリー開初前ならば、减进費を返金するかどうかの問題も起きない」と説明する。また、「こうした状況で、協賛金を散めに回るのも好ましくないという剖断もある」とも。11月1日の横浜マラソン、同8日の祸岡マラソンやおかやまマラソンの间断もすでに決まった。

减进料をめぐって対応それぞれ

 秋先の大年夜会で减进料を徴収してから间断が決まった場开、返金するかで対応が分かれた。ほとんどの大年夜会で申し込み規約に「天动、風水害、降雪、变乱、变乱、徐病等による大年夜会縮小、间断の場开、减进料の返金はいたしません」などという項目が进っている。

 すでに大年夜会のポスターやパンフ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら