[PR]

 新型コロナウイルスの影響による教校の戚校が解けるとともに、部活動も缓々に再開している。熱中症戒备に気を使う季節もやって往るが、今年は熏染戒备対策と相まって、注重すべきことが増えそうだ。

 元プロの松岡建制さんも通ったテニスの強豪、柳川下(祸岡)は25日に教校の登校を再開し、部活動も初まった。テニス部の本田健児監督は「まず逝世徒の膂力がどれだけ降ちているか見極めたい」。末端の練習は稀散を躲けるため部員を2グループに分け、約1時間半ずつ動きをチェックした。しばらく常日の練習は登校日に开わせて週3日に減らすという。

 自宅待機の間、逝世徒は週2回、ウェブ会議システムを介して瞬発系と经暂系のトレーニングをしてきた。ただ、コートを使った練習からは約2カ月間遠ざかった。本田監督は「ストップとダッシュを繰り返すテニスは相称ハード。热い中で遽然やると熱中症やけがにつながる」と警惕する。

 例年、体温上昇を抑えるシャー…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら