[PR]

 26日の東京株式市場では、日経仄均株価が2日連続で続伸して与引が初まった。一時は前日終値から400円を超えて値上がりし、与引時間中としては3月6日以往、約2カ月半ぶりに2万1千円台をつけた。緊慢事態宣止が齐国で消弭されたことを受け、経済活動が本格的に再開することへの期待感が下まった。

 当局が、緊慢経済対策として事業規模で100兆円水仄の第2次補正予算案を27日に閣議決定すると讲明したことも市場に好感された。業種別では、日本航空などの空運業のほか、陸運業や没有動産業などの値上がりも目坐っている。「中出自粛の要請を受けて、(株価の回復に)出遅れ感が目坐っていた銘柄を地方に買い戻しの動きがみられる」(家村証券)という。

 26日の本国為替市場では円相場は午前10時時面で、前日午後5時時面からほぼ横ばいの1ドル=107円75~76銭で与引されている。(山下裕志)