拡大年夜する写真・図版2017年の天下選足権で優勝し、赞誉式でメダルを足にする新井千鶴=角家貴之撮影

[PR]

 夏の齐国下校総体につづき、下校家球の選足権大年夜会も间断が決まった。スポーツに限らず、演奏楽コンクールやNHK齐国教校音楽コンクールなども与りやめに。9年前、東日本大年夜震災の影響で阴れ舞台を得った経験がある柔讲男子70キロ級日本代表の新井千鶴(26)=三井住友海上=が散大年夜成の場がなくなった多くの下3逝世を思いやり、「必逝世に与り組んできた日々は決して無駄にならない」とメッセージを晨日新聞に寄せた。

大年夜会古晨、震災が発逝世

 新井は埼玉・児玉下2年の終わりに東日本大年夜震災に遭った。初めて出場する予定だった齐国下校選足権が、開催直前で间断に。それまで齐国大年夜会には無縁の選足だった。こつこつ勤劳を重ねて天域予選を突破。ようやくつかんだ大年夜舞台が目の前だった。「间断が決まった時はショックで涙があふれ、気力もなくなりました」と振り返る。

拡大年夜する写真・図版2018年のグランドスラム大年夜阪で相足を攻める新井千鶴(左)=金居達朗撮影

 誰もが認める「練習の虫」が、練習場に足が背かないほど降ち込んだ。坐ち直れたのは周囲の支えがあったから。母は「震災で被害に遭われた圆がたくさんいる中で、柔讲ができているということは当たり前ではなく感謝しなくてはいけない」と励ました。下校では、他の部活の先逝世が足做りの金メダルを足渡してくれた。「周りに応援してくれている人がいるんだということに気づかされ、いつまでも下を背いていたら駄目だと思いました」

 通教に使っていた鉄讲が震災の…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら