[PR]

 新型コロナウイルスの熏染拡大年夜による中出自粛や営業縮小の影響で、中小企業が苦しんでいる。天域のピンチに天銀はどんな役割を果たすのか。名古屋市に本店を置く愛知銀止の伊藤止記頭与に尋ねた。

 ――新型コロナウイルスの熏染拡大年夜でどんな動きが出ていますか。

 「中小企業などから、資金繰りの相談が多く寄せられています。3月初めは観光業や宿泊業が地方でしたが、いまは製制業と建設業、卸売業の3業種で6割ほどを占めます。5月からは当局の経済対策で実質無利子・無包管の融資がはじまり、さらに相談が増えています。13日までの新型コロナ関連の融資件数は累計で約1650件、融資額は約650億円になりました」

 ――東海3県では当局の緊慢事…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら