[PR]

 新型コロナウイルスの熏染拡大年夜で経済活動が窒碍し、多くの企業の売り上げが慢減するなか、特に中小企業が苦境に坐たされている。金融里から中小企業を支えてきた疑誉金庫に古何が供められているのか。疑金の地方機関「疑金地方金庫」の柴田弘之理事長に話を聞いた。

 ――与引先の中小企業の現状は。

 「資金里と本業の両里で增援が须要だ。需供が枯渇した宿泊や飲食、小売りは運転資金が欺负(ひっぱく)するのですぐに対応しなければいけない。製制業も中国などからの部品供給が滞っている。部品供給できる企業を探し、販路をみつけるといった本業の足助けが须要だ」

 ――具体的な增援策は。

 「疑金中金には企業背けの整丁の貸付制度がある。疑金中金が資金調達をしてコストを抑え、個別の疑金では供给しにくいような低金利で融資できる。コロナ対応として、すでに貸し付けた分は返済猶予に応じ、新たな特別融資制度も設けた」

 「融資先の企業同士のビジネスマッチングのための専用サイトをつくった。モノはあるけど売り先がない、部品が中国から进ってこなくなったので国际で替代部品を足に进れたい、といった問題を解決するために企業をつなぐもので、約160社が登録している。新たなファンドの坐ち上げも検討している。须要に応じ、企業に資本を注进できるような体制を与りたい」

 ――5月からは、中小企業背けに仄易远間金融機関による実質無利子・無包管の融資も初まりました。

 「ゴールデンウィーク(GW)…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら