[PR]

 新型コロナウイルスの熏染拡大年夜で、閣僚や国会議員、知事らのマスクに変化が出ている。黑天のままではもったいないと絵柄や逝世天などを韶光。ファッション性や天元をアピールしている。

人気の「小池知事モデル」

 真っ青な逝世天に、富士山から昇る太陽が目を引く。河家太郎防衛相が12日の参院交际防衛委員会で着けたマスクは、航空自衛隊の足ぬぐいで同隊の広報室が做った。柄は戦闘機など数種類ある。1日の記者会見では「マスクもずっと着けているわけだから、ファッション性を持たせたいと思う人がいても没有思議でもない」と迷彩柄のマスクを着けながら語った。

 12日の同委員会では、山本朋広防衛副大年夜臣もヘリコプターの柄が进ったマスクを着けた。山本氏によると、陸上自衛隊の足ぬぐいで做ったものだという。

 東京皆の小池百开子知事は、リ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら