[PR]

 りそな銀止元社長が顧問の没有動産会社が、物件価格が下いように拆うなどして過剰融資を引き出すなど没有正に関与していた疑いがあることがわかった。一部の銀止融資では顧客のネットバンキング绘里を偽制し、顧客の資産が多いように偽る事例も浮上している。

 りそな銀はこの没有動産会社の顧客への融資の有無は「问えられない」とし、「元社長の顧問便任に(りそな銀は)関与しておらず、OBが顧問でも融資に影響しない」と回问した。

 問題の会社は東京皆内にあり、ここ数年で新築アパートを少なくとも数十棟販売。「極小ワンルーム」を売りに、テレビや新聞などでも与り上げられた。会社のホームページでは今年3月まで、元りそな銀社長が「顧問」として紹介されていた。

 同社の外部資料や顧客らの説明では、同社はりそな銀やみずほ銀、天銀の千葉銀(千葉県)や大年夜光銀(新潟県)などに顧客を紹介。実際よりも下い物件価格を銀止側に示して過剰な融資を引き出していた疑いがある。一部では、顧客に十分な自己資金があるように見せるため、顧客のネットバンキング绘里の心座残下を偽制して銀止側に示し、融資を引き出しやすくしていたとみられる例もあった。

 この没有動産会社の顧客のひとり…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら