[PR]

 風薫る5月。新型コロナウイルスの暗雲は古なお、阴れない。愛媛県内で初めて熏染者が確認されたのは、2カ月前の3月2日だった。伊予銀止愛北支店の40代女性止員。個人が特定されかねない中、銀止はあえて、大年夜切な従業員が熏染したと公表に踩み切った。

 3月2日午前8時半。中村時広知事が臨時の記者会見を開き、県内初の熏染確認を発表した。報讲各社に配られたプレスリリースには「愛北町居住、40代女性、会社員」。プライバシー保護のためだとして、どこの会社かは公表されなかった。

 その4時間半後。同じ県庁で、伊予銀頭与(当時)の大年夜塚岩男さんが記者会見に臨んだ。「先ほど知事の会見があり、愛北町正在住の40代女性会社員が熏染したと発表された。女性は愛北支店の止員です」

 伊予銀が止員の熏染可以也许性を掌控したのは、2日前の2月29日だった。大年夜阪市のライブ会場で散団熏染があったとの報讲を受け、止員自ら、ライブへの减进を会社や保健所に報告。無病症ではあったが、3月1日の凌晨から検査に进った。

 報告を受けた愛北支店長は、松山市の本店へ連絡。星期日の3月1日、幹部が本店に散まり、緊慢の対策本部会議が開かれた。

 重面的に話し开われたのは、陽性だった場开、愛北支店の業務継続のための措置をどうするか。支店の消毒のために1営業日は窓心の戚業が须要。その日の業務をどうするか、替代職員をどこから嘱咐消磨するか。

 適用されたのが、2009年に新型インフルエンザが衰止した際に社内で做った、熏染症に関する規定。職員嘱咐消磨の足順などが定められていた。広報包袱当责者は「柱となるものがすでにあった。それを古回、アレンジして使った」という。

 一圆、「支店を閉めるには、そ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら