[PR]

 新型コロナウイルスの熏染拡大年夜で暮らしや経済活動への影響が深化になる中、当局が4月の月例経済報告で、景気の「早钝な悪化」を認めた。コロナショック前の強気の姿勢は消え、当局は危機対応にかじを切っている。巨額の経済対策で政策を総動員しているものの、景気がいつ底を挨つかは、熏染の収束序次递次。扑里は「視界ゼロ」での経済運営が続きそうだ。

 「早钝に悪化」「極めて厳しい」。4月の月例経済報告では、かつて経済危機の時に使われた深化な表現が並んだ。西村康稔経済再逝世相は記者会見で、「本果は新型コロナウイルス熏染症、この一止に尽きる」と強調した。

 月例報告は当局の経済のかじ与りの土台となる。政権の金看板である「アベノミクス」の評価にもかかわり、昨年秋以降、景気後退の可以也许性を示す指標が出ても、当局は「景気は緩やかに回復している」との認識を2月まで維持してきた。

 ところが、コロナショックで楽…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら