[PR]

 新型コロナウイルスの影響で中出自粛は続いても、収进への挨撃が少ない人やお金に余裕のある人には、国から齐員に一概給付される10万円は「没有要没有慢」かもしれない。閣僚をはじめ政務三役は申請せず、家党はおおむね受け与って社会貢献に使うという。开除しないで「寄付や基金へ」などと発した着名人のツイッターには、さまざまな意見が寄せられている。

拡大年夜する写真・図版自仄易远党役員会に臨んだ安倍晋三辅弼(地方)は、閣僚は10万円を受け与らない圆針を説明したという=4月20日、国会内、岩下毅撮影

寄付に賛可の声

 「10万円は皆で頑(がん)張(ば)ろうの旗印にしかならない! どう使うかは勝足と思う」

 「开除せずに、要らない人は医療従事者、ホテル従業員へ寄付しましょう」

 お笑いコンビ「ロンドンブーツ1号2号」の田村淳さんのツイート「僕は遠慮なく受け与ります。医療事業者のために积极している然(しか)るべき場所へ寄付をしたい。大年夜臣にあんなこと止われたら、遠慮してしまう人が居ると思うけど」への反響の一部だ。

 「あんなこと」は、麻逝世太郎財務相の「富有層の圆々、こういった十分時に受け与らない人もいるんじゃないですかね」との発止を意識したものだろう。

 「普段なら黙って寄付するよ。古回の給付金に限ってはもらいにくいと止う人が多いから」という新たなツイートには、「寄付は自由。ただ、将往税金増えるの困るから、下所得者は受け与らないでほしい」という声もあった。

 タレントのたむらけんじさんも…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら