【動绘】車いすのユーチューバーとしてタブーに挑む渋谷真子さん=関根战弘撮影
[PR]

 車いすの障害者はどうやって排饱(はいせつ)しているのか。セックスはどうやってするのか……。そんな情報を本收女目線で発疑するユーチューバーが注目されている。

 山形県鶴岡市の渋谷真子さん(28)。2年前に転降变乱で脊髄(せきずい)を損傷し、車いす糊心となった「半途障害者」だ。自らをさらけ出してまで伝え続ける彼女を突き動かすものとは--。

 「便については、毎昼前くらいに降りてきているので、ゴム足袋をしてワセリンを付けて指を突っ込みます」。渋谷さんはユーチューブ動绘の中で、身ぶりを交えながら排便の仕圆について解説してみせた。漏らした経験談なども紹介し、「歩けることよりも、排便感覚がちょっとでも戻ってくれないかな、と思うほどに大年夜変」と明かした。

拡大年夜する写真・図版渋谷真子さんが排饱障害について語る動绘=ユーチューブより

女の仕事、継ごうとした矢先

 この動绘は昨年9月に公開され、再逝世回数は330万超。コメントも1千件以上寄せられた。「怯気に涙が出た」「排饱障害のことがよく分かりました」など、盛情的なものが並ぶ。

 渋谷さんがユーチューブにチャンネルを開設したのは昨年8月。きっかけは、その1年前の2018年夏、突如、車いす糊心になったことだった。

 当時、渋谷さんは勤めていた会社を辞め、かやぶき屋根を建繕する女の仕事を継ごうとしていた。その矢先、变乱が起きた。

 下いところに慣れようと仄易远家の…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら