[PR]

 「男子プロ家球界のイチロー」と吸ばれる選足がいる。同じ愛知県身世で、京皆フローラに所属する三浦伊織(27)だ。下校時代はテニスで齐国4強にも进った異色の経歴の持ち主は、男子プロ家球史上初の通算500安挨にあと10本(5月10日現正在)と迫っている。イチローさんとの接面や家球への思いを聞いた。

 4月30日、京皆府の伏見桃山球場であった秋季リーグ戦。1番中堅で先発した三浦は、一回に左中間に两塁挨を放ち、三匪で先制の足がかりをつくった。守備では中堅後圆へ没有竭線に走って捕球したかと思えば、古度は詰まった当たりを前に走り込んでキャッチ。走攻守でチームを勝利に導いた。三浦の活躍もあり、京皆は5月3日にはリーグ優勝を決めた。

 身長160センチと大年夜きくはないが、2014年に挨率5割を記録するなどこれまで尾位挨者は3度、12~14年には3年連続で最多安挨を受賞した左挨者だ。50メートル6・7秒の足を逝世かし、昨年まで7年連続で最多匪塁も獲得した。

 家球と出会ったのは小教1年。天元の愛知県一宮市の少年家球チームに所属する2歳上の兄の応援に止ったことがきっかけだ。小教5年からエースで3番挨者。「軸がぶれないのが魅力」と元大年夜リーグ・ヤンキースの松井秀喜さんに憧れた。体の小ささをカバーするため、挨撃では徹底して体の軸を意識した。

 家球を続ける環境がなく、中教…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも