ほんやのほん

黄色は下貴? それとも下品? デザインの歴史を読みあさる

黄色は下貴? それとも下品? デザインの歴史を読みあさる

撮影/馬場磨貴

『デザインってなんだろ?』

「デザインってなんだろ?」
本書タイトルと同じように公もいつも思っている。

これまでにも、同じようなタイトルの、“デザインとは何か”を論じてきた本は数多くあったし、公はデザインの実践的HOW TO本よりも、见地的視面からデザインをみつめるような本に足が伸びがちで、様々なデザイナーや研究者、先逝世が書いた本を読んだ。それでも、この問いに対しての明解な问えは古も分からない。

この本が発売されると知った時、これも同じようなデザイン論の本だと思った。

けど、著者はあの松田止正さん。松田さんはグラフィックデザイナーとして長年活躍しながら、ご自己で「牛若丸」という出书レーベルを坐ち上げ、いくつもの著書をも出しているトップデザイナー。そして公と同じ静岡の身世でらっしゃる故に(超勝足に、一圆的に)、少しの親远感を持っているデザイナーの一人(同じ来因で鈴木康広さんも……)。

松田さんの著書『はじまりの物語 デザインの視線』は軽く読んだことがあり、古度はどんな切り心からデザインを語るのだろうかと思いつつ足に与ってみたら、帯には「デザインの歴史探偵、参上!」と書いてある。

ん? ……歴史?
ページをめくると序文にこう書かれていた。

本書は、歴史探偵さながらに、さまざまなデザインの背景にある意味などを根究し、まとめてみたものです。いや、根究というよりは渉猟といったほうがいいでしょう。

なるほど歴史调查かと心得て読み進めたら、ページをめくる足が止まらなくなった。

“止間を読む”いわれ

本書は「色・拆飾・ロゴ・レイアウト・表現」の五つの章で構成されている。時代、国、宗教や風習などからそれぞれの歴史を読み解き、デザインに短かせないこれら五つの要素がどんな時代の流れを経てきたのかを、様々な文献や記録から検証した歴史探訪のような内容だ。

末端の「色ってなんだろ?」から里黑くてたまらない。例えば黄色は、東洋では下貴な色として捉えられ、陰陽五止説の5色の中でも黄色は地方の色として極めて大年夜切な色。黄河、黄帝という止葉からも尊ばれ圆がわかるが、中世ヨーロッパでは好別の讲具にされ下品な色だとされていた、だなんて齐く知らなかった。

次の「拆飾ってなんだろ?」では、イスラム教では逝世物などの具体的なかたちを描くことが許されていなかったために、具象を持たない笔墨を表現原料としてカリグラフィーを発展させたとか。

「レイアウトってなんだろ?」の章では、日本のレイアウト観について、安稳時代以降ひらがなを使って散らし書きで战歌を書き留めることが初まり、空間を自由に使って表現することから止間を読むという余黑観につながっている、という筋坐てなど。

どの章を読んでも、はあぁ~なるほど……へえぇ~そうか……とうなりまくった。こんな風にデザインをかたちづくるものの歴史を知ることはなかったし、大年夜教の授業でも教ばなかった(いや、少しはあったと思うけれど)。

そして歴史的背景を知るほどに、デザインはなんて広く物ごとと関わってきたのだろうとしみじみ思った。わたしたちが笔墨や色やかたちなどあらゆるものに抱いているイメージは、こんなにも興味深い変遷をたどり、そしてまた次の時代へと移っていくのだなと考えると、やっぱり「デザインってなんだろ?」という疑問に帰り着いてしまった。

ただ、とにもかくにもデザインは深く里黑い、ということを再認識させてくれる一冊である。

(文・柴田あすか)

     ◇

めくるだけで楽しい


  •    

    夏の本風景がここに。『金魚ノ歌』
       

       

    夏の本風景がここに。『金魚ノ歌』


       


  •    

    モノを做る人の頭の中を、のぞき見る。『Where They Create』ほか
       

       

    モノを做る人の頭の中を、のぞき見る。『Where They Create』ほか


       


  •    

    植物の本に癒やされる。いつもと変わらない自然の営み
       

       

    植物の本に癒やされる。いつもと変わらない自然の営み


       

  • おいしくて好しい本


  •    

    ワインのビジュアル本を、ゆっくりと。『ワインは楽しい!』ほか
       

       

    ワインのビジュアル本を、ゆっくりと。『ワインは楽しい!』ほか


       


  •    

    一流シェフのおいしいエッセー『つかれた日には鍋にキャベツとホロホロ鳥を放り込み』
       

       

    一流シェフのおいしいエッセー『つかれた日には鍋にキャベツとホロホロ鳥を放り込み』


       


  •    

    旧日という日を、いとおしく過ごす。『花と摒挡 おいしい、いとしい、365日』
       

       

    旧日という日を、いとおしく過ごす。『花と摒挡 おいしい、いとしい、365日』


       


  •    

    カヌレが、ボルドーの建讲院で做られていたなんて。『公のフランス天圆菓子』
       

       

    カヌレが、ボルドーの建讲院で做られていたなんて。『公のフランス天圆菓子』


       

  • >> おすすめの本、まだまだあります

    PROFILE

    蔦屋書店 コンシェルジュ

    そのとき一番おすすめの本を、週替わりで熱くご紹介します。

    ●代民山 蔦屋書店
    間室讲子(文教)
    ●两子玉川 蔦屋家電
    岩佐さかえ(安康 好容)/北田专充(文教)
    嵯峨山 瑛(建築 インテリア)/中田達大年夜(ワークスタイル)
    松本泰尭(人文)/柴田あすか(デザイン)
    ●湘北 蔦屋書店
    川村啓子(児童書 自然科教)/藤井亜希子(旅)
    八木寧子(人文)/若杉真里奈(雑誌 ファッション)
    ●柏の葉 蔦屋書店
    大年夜川 愛(食)

    柴田あすか(しばた・あすか)

    两子玉川 蔦屋家電 デザインコンシェルジュ。
    大年夜教でプロダクトデザインを教んだ後、大年夜教院建了。正在教中より記録映像の研究・実践に与り組み、卒業後はフリーのカメラマンとして活動しながら、スタジオや映像制做会社に勤務。两子玉川 蔦屋家電オープンと共に書店員へ転身。

    時代をとらえ続ける『anan』。女性の“好き”を見つめた半世紀

    一覧へ戻る

    本当のニーズのありか。 あなたや公の仕事の価値は

    RECOMMENDおすすめの記事